自分にあったアイクリームの選び方

アイクリームの選び方

数多くのアイケア製品が販売されていますが、どれが自分に合うのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

どんなアイクリームを選んだらよいかというのは、その方の目元のシワの深さや状態によっても異なります。

 

目元の皮膚は他の部分に比べてとても薄く、水分を保持しておくことが難しい部分でも有るため、ただでさえ乾燥しやすい場所です。

 

お風呂あがりや化粧水をつけた後などはシワは目立たないという程度なら、水分を補うことで改善出来るお肌の表面に出来た浅いシワです。

 

保湿性の高いアイクリームで、深いシワへ移行しないよう乾燥を防ぎ、お肌の水分が逃げないようにしっかり保湿できるものを選んでケアしていきましょう。

 

一方、溝が深く刻まれたシワの場合は、しわができる原因がお肌の表面だけでなく、もっと深い真皮にありますので、保湿成分だけを補っても中々改善は難しいといえます。

 

真皮にあるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などお肌のハリを保っている成分が年齢とともに減少、変性してしまった結果として深いシワになったものですので、この真皮に対して働きかけるアイケアが必要です。

 

真皮中に存在し、お肌のハリや弾力を保つ元となるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出しているのが線維芽細胞という細胞。この細胞に働きかけ、元気にする働きを持つのがビタミンC誘導体です。

 

同様に、お肌のターンオーバーを促進し、線維芽細胞の働きを高める「レチノール」もシワに対してとても有効な成分です。

 

深いシワに対しては、真皮に届き有効に働くアイクリームを選んでケアすることが大切です。

 

グラシュープラス 口コミ【暴露】